リフォーム 増改築お役立ちサイト お陰さまで、eリフォームはオープン11年に突入致しました。更に使いやすくリニューアルオープン!

タイプ別アドバイス リフォーム情報 【 規約ってあるの? 】

 たとえ分譲マンションでも、共有部分を居住者がリフォームすることはできません。専有部分と思われがちなバルコニーや専用庭、玄関のドアや窓ガラスも実は共有部分であって、専用使用権を認められているにすぎないのです。実際にバルコニー等に無断でタイルを敷き詰めた結果、マンション全体の改修工事の際に撤去させられるというケースもおきています。

共有部分の範囲 ( マンションの管理規約より抜粋 )

  • 共有部分の範囲
  1. エントランス、ロビー、風除室、メールルーム、共用廊下、アルコープ、共用階段、エレベーターホール、バルコニー、ルーフバルコニー、冷暖房室外機置場、テラス、エレベーター機械室、電気室、ポンプ室、管理員室、集会室、管理用トイレ、湯沸室、エレベーターシャフト、パイプスペース、メーターボックス、及びその他建物部分のうち専有部分に属さない部分。
  2. 建物の基礎、外壁、屋上、戸界壁、スラブ、玄関扉、扉枠、外気に面する窓ガラス、窓枠、面格子およびその他建物部分のうち専用部分に属さない部分。
  3. 電気設備、照明設備、エレベーター設備、テレビ共視聴設備、CATV受信設備、機械式駐車設備、給排水衛生設備、受水槽、ガス設備、換気設備、防犯・防災設備、避難設備、避雷設備、集合郵便受およびその他の建物付属設備のうち専有部分に属さない部分。

 

使用細則

  • 専用部分の使用
  • 専有部分の使用に当たり次の行為をしてはならない。
    共有部分に影響を与える変更をすること
    床材をフローリングに変更する場合は、防音性能L―45以上の物を使用すること
    構造体を損傷するおそれのある重量物、危険物、多量の引火又は発火のおそれのある物品もしくは不潔、悪臭のある物品を持ち込むこと
    住戸を楽器等の教室として使用すること
  • バルコニー等の使用
  • バルコニーなどの使用にあたり、次の行為をしてはならない。
    バルコニーなどに突風、強風の際、飛散または落下等他に害を及ぼすおそれのあるものを放置すること
    バルコニー等にサンルーム、物置、温室、池等これに類する建造物を構築または設置すること
    バルコニー等に土砂、塵芥、発火物等を搬入すること
  • 組合への承諾事項
  • つぎの行為をするときは、事前に組合に届出、その承諾を得なければならない。
    電気・ガス・給排気設備の新設、増設、変更
    他の居住者等に迷惑をおよぼすおそれのある専有部分の営繕工事
    大型金庫等重量物の搬入、据付、移転

マンションによってはさらに厳しい規約を設けているところもあるので、リフォーム前には必ず管理規約に目を通しておきましょう。